スポンサーサイト

2019.01.28 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    神(他力)が宿る時

    2018.02.27 Tuesday

    0

      私はこの年になる迄、何かあると神様に手を合わせて来た。
      新年の初詣は勿論、毎日神棚に自分の願い事を奉じて来た。
      確かに運は強い方であり、この年(3月6日で満77才喜寿)迄生命を頂いて来た。
      大きな天命を頂いた気持ちになって、頂上を求めて気を昂めた時期もあった。
      だが無残にもその願いは崩れ去り、地の果て迄も落ち込み、神から捨てられた様に思った。


      しかし今になってよくよく考えて見ると、
      神が私を捨てたのではなく、私が神を捨てたのではないかという事に気が付いた。
      遊行期(75才〜)になった今、如何に生命をつないでゆくかも定かではないが、
      神に守られるのはこういう時なんだろうと思う出来事に出会ったので記して見たいと思う。

      平昌での冬季オリンピックも色々な問題をかもしながらも花々しく終わり、
      日本選手の活躍も史上初のメダル獲得数(13個)で、連日テレビ漬けの方も多かった(私もその1人)と思うが、
      私達が期待した金メダル候補の1人にスノーボードの若干19才の平野選手(前回銀メダル)がいた。
      生命をも失いかねないほどの大事故を乗越えて臨んだ平昌オリンピック。
      絶対王者のショーンホワイトに対して果敢に挑み、前代未聞の技でショーンホワイトを追い詰め、
      ホワイトはプレッシャーの為、平野には勝ちきらないだろうと思い、
      日本人の一人として平野の金メダルに心の中で拍手を送っていたのだが、
      意に然わず、絶対王者のホワイトは素晴らしい演技を見せて金メダルを譲らなかった。
      強いなー、凄いなーの溜息で終わったのだが….。

       

      後日、NHKの臨時キャスターの上村愛子(元モーグルのオリンピック出場選手)氏が
      インタビューした折にショーン・ホワイト(31才)選手は
      『勿論、オリンピックに出る為には勝たねばならない。
      しかしそれ以上にプレッシャーが強くなれば強くなる程、気持ちがさらに強く大きくなり、
      自分の持てる力を150%出す事が出来る自分を見つめている』と言い放った。

      これこそ神が宿っているという事だろう。

      考え方によってはどんな人にも神は宿るだろう。
       

      神を自ら捨てる人は多いが......

      神を捨てない人はそう多くはいないのではないだろうか。


      こうすけ&ジオ

      ペット(犬、猫)の病気トップ(ガン)を知って驚かされた。びっくり!!

      2017.12.07 Thursday

      0
        ここのところ、我々人間の寿命が昔に比べてずいぶんと長くなっているが、

        やはり健康寿命が延びない事にはと思い、

        今年の四月位から今迄やっていた卓球のボリウムを増やし、

        新しくトレーニングジム(一週間3〜4回)一時間位、汗を流し、

        ジオとのごみ拾い散歩(一日5Km)は勿論で…..。

        ごはんも美味しく体もだいぶスリムになって来たのだが、

        残りの人生 “ガン” だけは気を付けねばと思っている。

        現在、死亡のトップは “ガン” らしく、年々増えているとの事。

        これは自然のものから加工物に、食べる物が変わって来たからだろう。

        すぐ腐らない様に防腐剤やいろいろの化学物質、添加物が混入されている市販の

        食べ物・副食物、体の内でどんな病気が出て来るか解らないはずだと思う。

        そして、びっくりした事にペットの死因のNo.1がやはり “ガン” だという事だ。

        (参照:以下の人および犬猫の死因グラフ)


        人の死因グラフ ペットの死因グラフ


        ペットはやさしく、可愛いく、この胸で抱きしめてあげたい私達のお共だが、

        ペットに与えるドッグフードやジャーキー、おやつ等、防腐剤や添加物がたくさん入っている。

        これでは人間と同じ様に “ガン” になるのは当たり前だろう、本当にびっくりした。

        幸い我が工房では、体内の添加物を浄化、吸着する竹炭パウダーを持っていて

        私もジオ(柴犬の愛犬)も、この影響を少なくする努力をしているので、

        健康な体で長生き出来る事を心より祈っている。


        こうすけ&ジオ

        〜愛犬 “ジオ” がやさしくてとても元気なので嬉しい〜

        2017.10.29 Sunday

        0

          我家の愛犬“ジオ”は糸島生まれの茶色の柴犬で、今秋3歳と9ヶ月になる雄犬です。
          体型は狸型でガッシリしていて、約11kgの重さがあり、大きなシッポは凛々しく、
          くるりと左巻きにしっかりと巻いています。見るからに強そうに感じますが、
          それが見掛けに反して、やさしくて、小犬と戯れるのが好きなのでもうびっくり…..
          近所を散歩しているトイプードルやチワワを見ると、大きなシッポを振り近づいていきます。
          小犬の方も最初は強そうな犬なので尻込みしているが、馴れてくると、舐めて来て、
          横柄な態度さえ取り始め、小犬には似つかわしくない大きな声でワンワンと吠え始めます。
          それでもジオは、やさしく小犬を可愛がる気のいいお兄ちゃんです。
          私はそんなジオが目に入れても痛くない程、大好きです。

           

           

          最近話題になっている“ボブという名のストリートキャット”
          (イギリスの有名な猫で、本が1,500万部売れた)
          と同じくらいジオを愛しています。

          私はこうすけ爺さんですから結構な歳で76才になりますが、
          ジオが15才迄生きたとして、今から10年以上健康な身体で頑張らねばなりません。
          健康維持の為に毎朝トレーニングジムに通い約1時間の運動、週3〜4日の卓球、
          それからジオとの楽しいゴミ拾い散歩に4〜5kmとがんばっています。

           

          ジオのほうは、小犬のころから病気一つした事がありません。
          そんなに高級な食べ物をやっている訳ではないですが、
          ジオが健康なのには、それなりの大きな要因があるよう思います。
          現代は人間に限らず、ペットの食べ物に腐らない様に防腐剤や種々の添加物、化学物質が混入されています。
          これが体の抵抗力を弱め、免疫力を低下させ、種々の病気(特にガン)を
          発生させている原因のひとつと言われていますが。

          ジオは小犬の頃から“竹炭パウダー”をドッグフードに振かけて食べさせていました。
          竹炭パウダーは吸着力があり、化学物質等のデトックス効果があり、自然の食べ物により近い状態で
          身体を守ってくれる様です。ジオが健康なのは竹炭パウダーのデトックス効果で健康が維持されていると
          思い、喜びも一潮です。ジオ君、共に健康で元気に暮らしていこうね。

           

          こうすけ&ジオ