朝顔の種は喜びの種

2018.05.28 Monday

0

    梅雨入りも間近になり、朝顔の芽も出はじめる季節になったが、
    朝顔は私達に親しまれている庶民的な花で、そのルーツは奈良平安時代からと古く、
    江戸時代には二回もの大ブームがあり、狡顔市瓩呂修量昌弔蠅蕕靴ぁ

     

    私は生きた物、動植物が大好きで、特に植物、山野草等に心惹かれ、
    庭に秋の七草の一つ爛侫献丱マ瓩鮨△─海を渡る不思議な蝶爛▲汽マダラ瓩
    飛んでくるのを心待ちにしている。

    朝顔もまた、去年の夏、玄関の垣根に朝早くからたくさんの
    花を咲かせて、私達と愛犬ジオ(柴犬)を楽しませてくれた。

     

    朝顔のイメージ写真

     

    実は、この朝顔は近所の親戚の伯母さんから去年約10粒程もらったものを植えたのが咲いたもので、
    ほんの少しの種で、こんなにたくさんの花が咲いて私達を喜ばせてくれるならと
    好きな人にあげれる様に、去年の秋、その朝顔の種を大事に一粒ずつ手にとって袋に入れて、
    納しておいたものだが、何と何百粒の種を育ててくれた。さあ、来年が楽しみだ………

    そして朝顔の季節が来た。朝顔の種を取り出し、まず、いつも美味しいお菓子を戴いている
    隣の田島さんの奥様にどうぞ…..、田島さんの奥さんは品が良く、やさしい方だが、
    顔をほころばせながら、花が咲くのが楽しみだわととても喜んでくださった。

    次はご近所の前田さんの小学校の娘さんに(マンションなので)プランタンに植えて
    育ててねと云って種をあげたら、大きな目をくるくる開いて喜んでもらった。
    あとで、奥さんから、娘が喜んでいますと、お礼の言葉をいただいた。

     

    そして東京の娘に家内が朝顔の話をしていたら、マンションだけど育てたいとのことで
    東京まで送ってあげた。末の娘もそれを聞きつけて、朝顔の種をお願いと電話があった。

    この様に、朝顔の種を自分の手で育てたいという人が増えている様だ、

     

    ネット文明にどっぷり漬かったこの時代、皆、自然の可愛らしい朝顔に郷愁を憶えるのかも知れない。
    まさに狡顔の種は喜び(幸せ)の種瓩澄
    来年はもっと咲かせて1000粒以上の種をとり、もっとたくさんの方に喜んでもらおう。

     

    こうすけ&ジオ
     

    第二の人生爐海Δ垢洩譴気鵑亮然工房畫篭汎鷭充年に感謝。

    2018.03.27 Tuesday

    0


      私は今年七十七才の喜寿を迎えるが、五十三才(24年前)の時、天にも昇る気持ちで
      取り組んでいた事業(アパレルと飲食)に失敗して、谷深く、地の果てまで落ち込んでしまった。


      トップの責任を痛感、反省し、全てを捨てて第二の人生を送るべく、

      軽トラックの宅配や旬工房の早朝(朝3時〜5時)パン配りをしながら生計を立て、
      第二の人生を模索していたところ、
      商品を配達する車の排気ガスが地球環境を著しく悪くする事に気がつき、
      幸いにも自然の物でマイナスイオンを排出し地球環境を良くする竹炭に着目し、
      特に竹の産地である鹿児島県の竹で創った竹炭竹酢液を
      東京でイラストレーターをやっていた三女の方美さんと共同でプロデュースし
      爐海Δ垢洩譴気鵑亮然工房瓩離屮薀鵐匹芭上げたところ、
      当時マスコミでは環境問題が話題にもなっていた時期でもあり、
      特に自然のものが人の心を癒すという事で、癒しブームが巻き起こり、


      物は少なく、心豊かに

      こうすけ爺さんの

      『物は少なく、心豊かにシンプルに生きたい、必要な物だけほんの少し持って、楽しく生きたい』

      というイラスト入りの言葉が話題になり、有難い事に第二の人生を立上げる事が出来た。

      人の心を癒す商品は都会で受入れられ、特に東京、大阪、福岡の有名店で取上げられた。
      失敗して後、素直に反省し、原点に戻って、やり直そうという思いが報われたんだという喜びが
      身体いっぱいにかけめぐり、何とも言われない気持ちになった事を今も憶えている。

       

      あれから二十年、あっという間の月日の流れを感じるが….
      今はリピーターのお客様にご愛顧頂き乍ら静かに暮らしている。
      失敗した人間にもやり直す事が出来るんだという誇りを胸に
      二十周年を迎える事が出来た事を皆様に心より感謝申し上げます。

       

      こうすけ&ジオ

      神(他力)が宿る時

      2018.02.27 Tuesday

      0

        私はこの年になる迄、何かあると神様に手を合わせて来た。
        新年の初詣は勿論、毎日神棚に自分の願い事を奉じて来た。
        確かに運は強い方であり、この年(3月6日で満77才喜寿)迄生命を頂いて来た。
        大きな天命を頂いた気持ちになって、頂上を求めて気を昂めた時期もあった。
        だが無残にもその願いは崩れ去り、地の果て迄も落ち込み、神から捨てられた様に思った。


        しかし今になってよくよく考えて見ると、
        神が私を捨てたのではなく、私が神を捨てたのではないかという事に気が付いた。
        遊行期(75才〜)になった今、如何に生命をつないでゆくかも定かではないが、
        神に守られるのはこういう時なんだろうと思う出来事に出会ったので記して見たいと思う。

        平昌での冬季オリンピックも色々な問題をかもしながらも花々しく終わり、
        日本選手の活躍も史上初のメダル獲得数(13個)で、連日テレビ漬けの方も多かった(私もその1人)と思うが、
        私達が期待した金メダル候補の1人にスノーボードの若干19才の平野選手(前回銀メダル)がいた。
        生命をも失いかねないほどの大事故を乗越えて臨んだ平昌オリンピック。
        絶対王者のショーンホワイトに対して果敢に挑み、前代未聞の技でショーンホワイトを追い詰め、
        ホワイトはプレッシャーの為、平野には勝ちきらないだろうと思い、
        日本人の一人として平野の金メダルに心の中で拍手を送っていたのだが、
        意に然わず、絶対王者のホワイトは素晴らしい演技を見せて金メダルを譲らなかった。
        強いなー、凄いなーの溜息で終わったのだが….。

         

        後日、NHKの臨時キャスターの上村愛子(元モーグルのオリンピック出場選手)氏が
        インタビューした折にショーン・ホワイト(31才)選手は
        『勿論、オリンピックに出る為には勝たねばならない。
        しかしそれ以上にプレッシャーが強くなれば強くなる程、気持ちがさらに強く大きくなり、
        自分の持てる力を150%出す事が出来る自分を見つめている』と言い放った。

        これこそ神が宿っているという事だろう。

        考え方によってはどんな人にも神は宿るだろう。
         

        神を自ら捨てる人は多いが......

        神を捨てない人はそう多くはいないのではないだろうか。


        こうすけ&ジオ