ペット(犬、猫)の病気トップ(ガン)を知って驚かされた。びっくり!!

2017.12.07 Thursday

0
    ここのところ、我々人間の寿命が昔に比べてずいぶんと長くなっているが、

    やはり健康寿命が延びない事にはと思い、

    今年の四月位から今迄やっていた卓球のボリウムを増やし、

    新しくトレーニングジム(一週間3〜4回)一時間位、汗を流し、

    ジオとのごみ拾い散歩(一日5Km)は勿論で…..。

    ごはんも美味しく体もだいぶスリムになって来たのだが、

    残りの人生 “ガン” だけは気を付けねばと思っている。

    現在、死亡のトップは “ガン” らしく、年々増えているとの事。

    これは自然のものから加工物に、食べる物が変わって来たからだろう。

    すぐ腐らない様に防腐剤やいろいろの化学物質、添加物が混入されている市販の

    食べ物・副食物、体の内でどんな病気が出て来るか解らないはずだと思う。

    そして、びっくりした事にペットの死因のNo.1がやはり “ガン” だという事だ。

    (参照:以下の人および犬猫の死因グラフ)


    人の死因グラフ ペットの死因グラフ


    ペットはやさしく、可愛いく、この胸で抱きしめてあげたい私達のお共だが、

    ペットに与えるドッグフードやジャーキー、おやつ等、防腐剤や添加物がたくさん入っている。

    これでは人間と同じ様に “ガン” になるのは当たり前だろう、本当にびっくりした。

    幸い我が工房では、体内の添加物を浄化、吸着する竹炭パウダーを持っていて

    私もジオ(柴犬の愛犬)も、この影響を少なくする努力をしているので、

    健康な体で長生き出来る事を心より祈っている。


    こうすけ&ジオ

    〜愛犬 “ジオ” がやさしくてとても元気なので嬉しい〜

    2017.10.29 Sunday

    0

      我家の愛犬“ジオ”は糸島生まれの茶色の柴犬で、今秋3歳と9ヶ月になる雄犬です。
      体型は狸型でガッシリしていて、約11kgの重さがあり、大きなシッポは凛々しく、
      くるりと左巻きにしっかりと巻いています。見るからに強そうに感じますが、
      それが見掛けに反して、やさしくて、小犬と戯れるのが好きなのでもうびっくり…..
      近所を散歩しているトイプードルやチワワを見ると、大きなシッポを振り近づいていきます。
      小犬の方も最初は強そうな犬なので尻込みしているが、馴れてくると、舐めて来て、
      横柄な態度さえ取り始め、小犬には似つかわしくない大きな声でワンワンと吠え始めます。
      それでもジオは、やさしく小犬を可愛がる気のいいお兄ちゃんです。
      私はそんなジオが目に入れても痛くない程、大好きです。

       

       

      最近話題になっている“ボブという名のストリートキャット”
      (イギリスの有名な猫で、本が1,500万部売れた)
      と同じくらいジオを愛しています。

      私はこうすけ爺さんですから結構な歳で76才になりますが、
      ジオが15才迄生きたとして、今から10年以上健康な身体で頑張らねばなりません。
      健康維持の為に毎朝トレーニングジムに通い約1時間の運動、週3〜4日の卓球、
      それからジオとの楽しいゴミ拾い散歩に4〜5kmとがんばっています。

       

      ジオのほうは、小犬のころから病気一つした事がありません。
      そんなに高級な食べ物をやっている訳ではないですが、
      ジオが健康なのには、それなりの大きな要因があるよう思います。
      現代は人間に限らず、ペットの食べ物に腐らない様に防腐剤や種々の添加物、化学物質が混入されています。
      これが体の抵抗力を弱め、免疫力を低下させ、種々の病気(特にガン)を
      発生させている原因のひとつと言われていますが。

      ジオは小犬の頃から“竹炭パウダー”をドッグフードに振かけて食べさせていました。
      竹炭パウダーは吸着力があり、化学物質等のデトックス効果があり、自然の食べ物により近い状態で
      身体を守ってくれる様です。ジオが健康なのは竹炭パウダーのデトックス効果で健康が維持されていると
      思い、喜びも一潮です。ジオ君、共に健康で元気に暮らしていこうね。

       

      こうすけ&ジオ
       

      残暑三題

      2017.08.30 Wednesday

      0

        〜孫との暮らし〜

         

        孫に喜び、孫に疲れ、サイフの中身はカラッポ…..それでも孫は可愛いものだ。
        お祖父ちゃんと呼ばれ、ポーンと頭を叩かれ、にやにやしていたら、

        家内から冷やかされ照れくさそうに頭を掻く私…..
        何と言っても孫が生まれて、成長していく姿を見、

        一緒に暮らす命を頂いた事に感謝をしなければいけないと思う。

         

        赤ちゃんのときから、何回も何回も美和台新町の私たちの家に来ているので
        一日でも私達と一緒にいたいと言ってくれる。

        本当にどちらが孫か判らない様な言葉使いになったりして涙が出てきそうになってくる。

        それと柴犬の愛犬ジオ(3才半の雄)も帰って来たい原因の一つになっているようだ。
        いつもジオの頭を撫でてジオが好きだよ。また来るからねと可愛い瞳を濡らし乍ら訴える。
        今度来る時は又大きくなっている事だろう。元気で戻ってきてください。
        待っているよ。こう爺より

         

        こうすけ&ジオ

         

         

        〜朝顔に元気をもらう〜

         

        今年は玄関の生け垣に初めて朝顔を植えた。

        毎日、毎日、五輪から六輪のきれいな紫色の朝顔の花が姿を見せてくれる。

        私は朝早く愛犬ジオとごみ拾い散歩にでかける前に今日は何輪咲いただろうかと
        朝顔を見つめている。今日は君が咲いたんだね、とじっとその朝顔を眺めている。
        ジオは早く行こうよとワンワンとじゃれまくる。
        私はジオにもう少し待ってと言い乍ら、静かに思った、毎日毎日同じ朝顔でも、
        違う顔の朝顔が咲いて私達に喜びを与えてくれる。

         

        そうだ、私達人間にも一生に一度、花を咲かせる時があったはずだ。
        花が咲いている時に喜び、感謝し、何度も何度も花を咲かせること求めるのは、
        欲張り過ぎではないだろうか。そして一生一度の咲いた花に感謝し、他の人の咲いた花を
        喜んで眺める事が出来る人間になりたいな〜と思った。
        それからの私は、その日、その日の朝顔を見つめる眼差しが少し変わって来たように思う。

         

        こうすけ&ジオ

         


        〜不機嫌の正体〜

         

        最近、色々と不機嫌になることがあった。 
        不機嫌とは周りの環境に、自分の心、気分が振り回されて、

        不愉快な気持ちになる事であり、それは単に自分の人格を現しているだけであるという。
         

        ある人の話を聞き、自分が恥ずかしくなった。
        自分の器はこんなちっぽけなものなんだと気が付き、以前、日々の生活の中で
        自身で標榜していた倏湘卦き甅犇乏撻肇鵐椨瓩慮斥佞懐かしく蘇って来た。

         

        こうすけ&ジオ