朝顔の種は喜びの種

2018.05.28 Monday

0

    梅雨入りも間近になり、朝顔の芽も出はじめる季節になったが、
    朝顔は私達に親しまれている庶民的な花で、そのルーツは奈良平安時代からと古く、
    江戸時代には二回もの大ブームがあり、狡顔市瓩呂修量昌弔蠅蕕靴ぁ

     

    私は生きた物、動植物が大好きで、特に植物、山野草等に心惹かれ、
    庭に秋の七草の一つ爛侫献丱マ瓩鮨△─海を渡る不思議な蝶爛▲汽マダラ瓩
    飛んでくるのを心待ちにしている。

    朝顔もまた、去年の夏、玄関の垣根に朝早くからたくさんの
    花を咲かせて、私達と愛犬ジオ(柴犬)を楽しませてくれた。

     

    朝顔のイメージ写真

     

    実は、この朝顔は近所の親戚の伯母さんから去年約10粒程もらったものを植えたのが咲いたもので、
    ほんの少しの種で、こんなにたくさんの花が咲いて私達を喜ばせてくれるならと
    好きな人にあげれる様に、去年の秋、その朝顔の種を大事に一粒ずつ手にとって袋に入れて、
    納しておいたものだが、何と何百粒の種を育ててくれた。さあ、来年が楽しみだ………

    そして朝顔の季節が来た。朝顔の種を取り出し、まず、いつも美味しいお菓子を戴いている
    隣の田島さんの奥様にどうぞ…..、田島さんの奥さんは品が良く、やさしい方だが、
    顔をほころばせながら、花が咲くのが楽しみだわととても喜んでくださった。

    次はご近所の前田さんの小学校の娘さんに(マンションなので)プランタンに植えて
    育ててねと云って種をあげたら、大きな目をくるくる開いて喜んでもらった。
    あとで、奥さんから、娘が喜んでいますと、お礼の言葉をいただいた。

     

    そして東京の娘に家内が朝顔の話をしていたら、マンションだけど育てたいとのことで
    東京まで送ってあげた。末の娘もそれを聞きつけて、朝顔の種をお願いと電話があった。

    この様に、朝顔の種を自分の手で育てたいという人が増えている様だ、

     

    ネット文明にどっぷり漬かったこの時代、皆、自然の可愛らしい朝顔に郷愁を憶えるのかも知れない。
    まさに狡顔の種は喜び(幸せ)の種瓩澄
    来年はもっと咲かせて1000粒以上の種をとり、もっとたくさんの方に喜んでもらおう。

     

    こうすけ&ジオ
     

    スポンサーサイト

    2018.12.08 Saturday

    0
      コメント
      コメントする