スポンサーサイト

2019.11.08 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    私に自信と希望を取り戻させてくれた 早朝の「ゴミ拾い散歩」

    2012.12.01 Saturday

    0

      私に自信と希望を取り戻させてくれた
      早朝の「ゴミ拾い散歩」


      最近、しみじみと人の役に立つことへの喜びを感じています。それは自分の良心に耳を傾けて行動し得られる幸福感かもしれません。
      ウォーキングやミミちゃん(愛犬の柴犬)との散歩がてらに、「ちょっとボランティア」の気持ちで早朝のゴミ拾いを始めて7年目になりました。雨の日も風の日も雪の日も…毎日、早朝から休むことなくゴミ拾い散歩を続けています。今では、それ(ちょボラ)が楽しみになり毎日の日課になっています。


      時折「よく続きますね。人が捨てたゴミを拾うってストレスがたまるでしょう」と声をかけられます。私は変わり者かもしれません。ゴミを拾ってストレスがたまるどころか、ゴミを拾えば拾うほどエネルギーが充満してくるのを感じるのです。きっと神様が、私にゴミ拾いの役割りを与えてくれているのでしょう。
      物事に対してストレートで短距離型の私が、ゴミ拾いには寛容でエネルギーまで頂くとは…我ながら驚きに堪えません。


      ところが最近、その答えがわかったような気がします。
      人生には思いがけない風穴がぽっかり開(あ)くことがあります。私も出口が見えず、これから人間としてどう生きてゆけば良いだろうか…と迷ったことがありました。しかし人生の風穴から吹いてくる風の冷たさのおかげで、今まで見えなかった大切なものを見ることができたのです。


      第2の人生を歩みながら「ちょっとボランティア」の気持ちでなんとなしに始めたミミちゃんとの早朝のゴミ拾い散歩。
      ゴミを拾おうと思えば、誰にでも簡単に拾うことができます。他人まかせではなく、自らすすんでゴミを拾うことによって環境(街や通り)がきれいになり、しかも人の役に立つのです。面倒なことを嫌いがちな現代人は、その喜びを忘れているのではないでしょうか。
      イチョウの葉

      毎日コツコツ楽しみながらゴミ拾いをしていると自然の草木花や小動物とも出合い、共に生きているんだなぁ…と優しい心が甦ってきます。そしてエネルギーも充満させているのです。「私の自信と希望は、その毎日の行動から取り戻されたんだ」とゴミ拾い散歩7年目にしてやっと気づきました。
      これからも素直な気持ちで、この喜びを継続していくことが私の役割りだと思って頑張っていきたいと思います。



      竹トング 孫の手を引き ゴミ拾い 朝日に映える 山(立花山)の輝き

      こうすけ&ミミ

      スポンサーサイト

      2019.11.08 Friday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする